ヘアカラーと白髪染めの違いってなに?

髪の毛を染めるものは大きく分けて2つあります。
1つはおしゃれ染めとも言われているヘアカラーです。
これは一般的なもので若い人を中心に多くの人が使っていますね。
もう1つは白髪染めというものです。
その名の通り白髪を染めるものです。

髪の毛の色を変えるという点で同じように思えるのですが、何が違うのでしょうか?
ヘアカラーと白髪染めは基本的な成分は同じです。
ですが、何を目的としているのか、そして成分の量によって
どちらなのか区別されています。

ヘアカラーは主に黒髪を染めるために作られています。
定番は茶色ですが、この他にも髪色戻しの黒や赤系、緑系、青系などいろいろな色があります。
白髪染めは白髪のみを染めるためのものというイメージがありますが、
実際はそうではなくて白髪と黒髪の両方を染めるためのものです。
白髪だけを染めてしまうと白髪の部分だけ異様に明るくなってしまったりするので
両方染められるようになっています。

また、ヘアカラーはメラニン色素を染めて髪の毛全体の色を変えています。
しかし、白髪はこのメラニン色素が少ないため
ヘアカラーでは思うように上手く染めることができません。
これに対して白髪染めはメラニン色素のない白髪でも綺麗に染まるように
白髪染めトリートメントよりも高い染料が含まれています。
より強力なヘアカラーというイメージでいいと思いますが、
基本的な違いはたったのこれだけなので
白髪が無い人でも白髪染めを利用することはできますよ。