カテゴリー別アーカイブ: ヘアケア

抜け毛がヤバイと思ったらやっておきたいと思う対策あれこれ

抜け毛がヤバイって思う人も年を重ねていてありえると思いますが、遺伝云々的なものはありますが、改善可能な場合もあったりします。発毛体験の某会社なんかはそれで銭とってますし、まぁ可能なんじゃないかと思います。
食生活の見直し
ジャンクフードや出来合いの物、油物と炭水化物だけという生活の人は大抵抜け毛がヤバイです。野菜をしっかり、ビタミン・ミネラルを多くとるような生活が重要
シャンプー
シャンプーしたら必ずドライヤーをかけること
生活
首や肩の血流が悪いと駄目なのでストレッチするなり筋トレするなりで血流を良くする、ストレスも筋トレでなんとか解消可能
そんな感じの生活をすれば結構髪の毛も喜んで改善してくれるはずです。

シャンプーより食生活を

若いうちから頭皮がヤバイ人というのは共通して食生活があまりよろしくない傾向があるように感じます。

私が知り合った人の5人中4人は食生活は一切関係なく考えてシャンプーが全て悪いと考えているような偏った人でした。

残りの一人は、やっぱり自分は食生活がヤバイんだろうなぁと自覚しており、ビタミンやミネラルが多い食生活に変えるような生活を営むようにしていました。

その結果その一人は髪質が改善され、第三者からみてもハゲとは無縁の頭になりましたが残りの4人はうわぁっと思われるような頭になりました。

結局のところ食生活が頭皮環境を7割変えるんだなと感じました。確かに仕事でストレスMAXな外資系にいる友だちですが、毎日ジャンクフードじゃそうなります。時間がないから食べる暇がないと適当なジャック腹に詰め込んでいればそうなるでしょう。しかも性格がシステムよりだから頭皮にいいシャンプーを突っ込めばOKという考えですがきっと駄目なんだろうと予想できます。人間そう簡単な作りじゃありません。

ヘアカラーと白髪染めの違いってなに?

髪の毛を染めるものは大きく分けて2つあります。
1つはおしゃれ染めとも言われているヘアカラーです。
これは一般的なもので若い人を中心に多くの人が使っていますね。
もう1つは白髪染めというものです。
その名の通り白髪を染めるものです。

髪の毛の色を変えるという点で同じように思えるのですが、何が違うのでしょうか?
ヘアカラーと白髪染めは基本的な成分は同じです。
ですが、何を目的としているのか、そして成分の量によって
どちらなのか区別されています。

ヘアカラーは主に黒髪を染めるために作られています。
定番は茶色ですが、この他にも髪色戻しの黒や赤系、緑系、青系などいろいろな色があります。
白髪染めは白髪のみを染めるためのものというイメージがありますが、
実際はそうではなくて白髪と黒髪の両方を染めるためのものです。
白髪だけを染めてしまうと白髪の部分だけ異様に明るくなってしまったりするので
両方染められるようになっています。

また、ヘアカラーはメラニン色素を染めて髪の毛全体の色を変えています。
しかし、白髪はこのメラニン色素が少ないため
ヘアカラーでは思うように上手く染めることができません。
これに対して白髪染めはメラニン色素のない白髪でも綺麗に染まるように
白髪染めトリートメントよりも高い染料が含まれています。
より強力なヘアカラーというイメージでいいと思いますが、
基本的な違いはたったのこれだけなので
白髪が無い人でも白髪染めを利用することはできますよ。